先週の三連休、山梨は清里に行ってきました。

東京から清里、そして佐久に抜けて下仁田を通り東京へ。一泊二日の旅でした。

一泊二日で400キロ程度の走行距離で、途中渋滞に巻き込まれたりもしましたが、サベルトの硬いシートは快適で、特に疲れることもなく。

山道を走る区間が結構あったのですが、山道はコンペにとって最高のステージですね!

特に感激したのはブレーキの効き方です。

しっかりと、でも唐突ではなく、効かせたいだけのブレーキを確実に効かせる、そんなブレーキです。山道との相性は抜群。安心して走れます。

またコーナリング性能も異様に高く、下りで、ノーブレーキでキツめのコーナーに入っても難なく旋回してしまいます。しかも不安一切なく。

これには驚きました。正直、私では限界のところまで到達できそうもないほどの性能です。

エンジンはまだ慣らしを意識しているのでスポーツモードにしていませんが、それでも十分にパワフル。過給がかかった状態で踏み込めば、チンクベースとは思えないような加速をします。しかもレコモンが盛大な音を奏でながら。

改めて、ただただ運転を楽しむだけのために作られた車だなと再確認しました。

いや~、買ってよかった。望んでいたものの全てがここにありました。


それでは。

お気づきかもしれませんが、うちのコンペはコンペなのにサイドデカールがありません。

実はディーラーさんにお願いして、デカールを剥がしていただきました。

なるべくシンプルな形にしたかったので、サイドデカールはない方がいいかなと。

サイドデカールありだとこんな感じです。

デカールありと比べて少しのっぺりして、スポーティさが減じられた感じもありますが、個人的にはよりチンクらしさが感じられて好きです。


今考えているのはサイドミラーカバーの色は黒じゃない方がいいかなということです。

チンクの時、サイドミラーカバーはクロームでした。クロームも良いんですけど、ボディ同色の黄色もいいなと。

現行チンクだとこんな感じになるようです。

黄色、いいなぁ。


それでは。

久しぶりにカメラを持ち出し、写真が撮りたくなりました。

車の写真を撮りたくなったのは久しぶりです。

そういう気にさせてくれる車っていいですよね!


それでは。

この週末で520キロほど乗りました。

コンペの燃料タンクは35リッターしか入らないので、500キロ走る毎に給油という感じになります。

今回、納車直後の給油から495キロ走って2回目の給油をしました。入った燃料は32.97リットル。

燃費に直すと15km/Lになります。

高速が約8割ほどの走行パターンかつ慣らし中でそんなに回していない、かつスポーツモード不使用でしたので、基本的に燃費には有利な条件のはずではあるのですが、まあ思った通り燃費は良くはないですね。118dなら20km/Lを伺う条件だと思うので。

今後慣らしが終わってくるともう少し良くなるかもしれないので、そこに期待ですかね。ただ、慣らしが終わったら四六時中スポーツモードでしょうから、かえって燃費が悪くなる気も…

因みに、1500キロの初回点検までを慣らしとしようかと思っています。


さて、今回コンペに付いてきたタイヤは待望のピレリでした‼

PZERO NEROです。

このタイヤ、以前のチンクに付いていたコンチよりも乗り心地が良い気がします。

もちろん足回りも違えばボディも補強されてますし、タイヤプロファイルも全く違うのですが、タイヤの固さのようなものを感じないんですよね。

一方でロードノイズは以前のコンチと同じような感じです。118dのタイヤと比べると思いっきりうるさいです。これも騒音対策レベルが全然違うでしょうから直接比較はできませんが。


しかし楽しい車です。

それでは。


こういう事になりました。

やってしまいました…

118dに乗り始めてから8ヶ月。あまりに快適で大人びた118d。最近あまり無意味に運転することもなくなり、ブログ更新の間隔もあき…車に対して非常に落ち着いた日々を送っていました。

無意味に走りに出るような誘惑が118dにはない事で、少し寂しい日々でもありました。忙しかったという事もあるんですけどね。

そんな日々の中でつい気になってしまったのがアバルト595。つい乗りに行ってしまったのが運の尽きでした。

大好きだったチンクと基本同じ見た目で、基本同じ操作感。そして遥かにパワフルで大好きな黄色が選べて、チンクよりもおバカ感が上のアバルト595。気に入らないわけないですよ。

心のストッパーになりそうだったのは「黄色が選べるのはコンペティツィオーネだけ」ということでした。

噂に聞く「コンペはアホのように硬い乗り心地で耐えられない」という評価のみがストッパーでした。

実際に乗ってみて、そのストッパーはあっさりぶっ壊れ…硬いことは硬いもののカドは丸く、一発で収束することとボディの圧倒的な塊感とで、不快さは全くない…買わない理由がなくなってしまいました。

こうなってしまってはもう終わりです。


ということで、こういう事になりました。

無意味に350キロほど走り回ってきましたが、めっちゃ良いです!

運転は抜群にしやすく、やばいくらい速く、そして安心感もある。

一気に350キロ乗っても、サベルトのシートは疲れ知らずです。硬いですけど、その硬さとしっかりとしたホールドが疲れ知らずにしてくれます。

恐ろしかったのは燃費です。みるみる航続可能距離が減っていく…

そもそも満タンで600キロ程度しか航続が無いような感じですから、仕方ないですけどね。118dが満タンで1000キロくらいの航続距離かつ軽油のコストパフォーマンスでしたから、その点は大きく負担が増えそうです。

それでも、視界の良さを含めた運転のしやすさと楽しさは特筆ものです。

やっぱり小さい車は良い!


それでは。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

アクセス

宿

レンタカー

ふるさと納税

amazon

Archive

Recommend

Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GB MK9Q2JA アップル アイパッド ミニ MK9Q2JA ゴールド
Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GB MK9Q2JA アップル アイパッド ミニ MK9Q2JA ゴールド (JUGEMレビュー »)

Fiat500とDS3カブリオで、ナビとして使っていました。全く問題なく使えます。というより、据付型よりむしろ便利でした。

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 夏の旅行で感じたこと
    118diesel
  • 夏の旅行で感じたこと
    bbui8h

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM