週末は南伊豆の温泉に行きました。

石廊館という宿です。東京からは約150キロ、ちょうどいいドライブになります。

東名で三島まで行き、そこからは一般道で伊豆半島を南下します。

この週末はとても良い天気で、富士山が綺麗に見えました。

さてこの石廊館、初めての宿だったのですが、とても気に入りました。特段設備等が良かったり、サービスが良かったり、あるいは安かったりする訳ではないのですが、とにかくお湯が良いことと食事が美味しい事が気に入った理由です。

アワビも金目鯛も前菜も、どれも美味しいものでした。良い宿を見つけたなって感じです!


さて、伊豆からの帰り道に給油をしました。

今回は400.1キロを走って給油量は28.5リッター。燃費換算すると14.04km/l。今回の燃費は良くなかったですね。

帰り道に寄ったSAで懐かしのザ・ビートル、しかも黄色がお隣になったので勝手に記念写真。ザ・ビートルもやっぱり良いデザインですね。

良いデザインの車が街に増えてくれると楽しくて良いですね。それが黄色ならなおさら!


それでは。

N−Boxについて、エンジンの印象を書き忘れていました。

正直に言いますと、この車がターボ版なのかNA版なのか、全くわかりませんでした。

印象として、トルクフルであったことと中間加速も良かったことからターボの方かなとは思いますが、ターボっぽい盛り上がりは感じなかったんですよねぇ。実際のところはどっちだったのでしょう?

ただ何れにせよ、パワー感トルク感とも日常の足としては十分以上です。

なお、合計345キロ走って給油量は14.96リッターでしたので、燃費換算すると23.06km/lになります。

渋滞と高速走行こそなかったものの、街中やアップダウンのある峠道を含んでのこの数字なので、これまた十分以上ではないでしょうか。

おそらく、排気量の事情から高速巡航時には燃費が悪化することが予想されますが、それでも高速巡航がメインの使い方という車ではないでしょうから、日常走行でのこの好燃費がもたらす利益の方が大きいと思います。

実にいい車でした。


それでは。

石垣島で観光の足にしていた新型N−Box、とてもいい車でした。

日々の移動手段、生活のお供としてなら、これ以上は必要ないと思える出来です。

狭い道も安心ですし、そこかしこに便利な収納が付いていますし、車内も広く、特に天地方向が広いために車内で前席から後席への移動もできますし、電動スライドドアは便利だし…ツールとしていうことは何もない出来でした。

シートバックポケットが二つ付いてたり、コンビニフックが付いていたり、

リアシートの窓にはサンシェードが付いていたり、

USBで充電できるポートが二つあったり、カップホルダーもたくさん、オートエアコンも装備、

視界確保のための三角窓(台形窓?)も大きくて見やすいものでした。

安全装備も充実していて、LKAとACCまで付いている始末…軽自動車でこの装備だと、これ以上何を求めろというのか?という感じです。

ただ、ACCの制御に関しては以前に乗ったヴェゼル同様、停止までは行かないものでした。停止付近の速度になると警告音と共にACCがオフになる制御です。118dの場合は全車速対応で使い勝手が良かったのですが、その意味ではあまり便利なACCではないなというイメージでした。ここが全車速対応になったら言うことなしですね。


驚いたのはハンドリング性能についてです。

前回も書きましたが、この新型N−Boxの足回りはフワフワです。フラット感というよりは、船の様な感じですね。

横風の吹く海辺などでは、横風に煽られて左右方向に揺れる感じすらあります。

こんな感じなので、コーナーに速めの速度で突っ込んで行こうという気になりません。というより、速い速度でコーナーに入ることが怖い感じです。

例えばこの様な(↓)カーブが現れた時、

制限速度の40キロで侵入するのも怖いくらいの感じです。

しかし、実際にそのスピードで飛び込んでみると、あっさりと行けちゃうんです。本当にあっさりと。

アンダーステアを感じるわけでもオーバーステアを感じるわけでもなく、極めてニュートラルな感じで行けちゃいます。コーナーの途中でハンドルを切り増しても、実に正確に応えてくれます。この車、「不安感」という要素を除けば、ハンドリング性能も相当高そうです。

事前にはあまり期待していなかっただけに、衝撃的な良さでした。

日常の足として車が必要なら、現状では第一選択肢になりそうな車です。

車って乗ってみないと分からないものですね。


さて帰京後、コンペの今年の初乗りをしました。

やっぱりコンペが好きです。

リニアでハードな乗り味とビビッドな反応、ダイレクトなミッションに刺激的な加速。

趣味の車としては圧倒的にコンペです。当たり前といえば当たり前ですが。

なんだか両極端な二台に乗った新年でした。


本年もよろしくお願いいたします。

それでは。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて、今は石垣島で新型N -Boxをレンタカーしています。

この車、ものすごく良くて驚きました。

足回りがフワフワしていて揺れ方がいまいち好みでないことと、エンジンブレーキの効きが良くないことを除けば、今のところ不満点が見つけられません。

広いし便利だしちゃんと走るし。売れるのがよくわかります。生活の足としてなら、これ以上を求める必要は全くないと思いました。これ以外の車は自動車趣味の世界の話として存在意義があるって感じです。

この車とS660とか、コンペとか、ロードスターとか、ランクルとか、ハイラックスとか、アルファ4Cとか、そんな組み合わせがいいなと思わされました。

あと数日走り込み、使い込んでみます。


それでは。

今年もご覧いただきありがとうございました。

今年は9月にコンペを買い、自分位はやっぱりコンパクトな車があっているなと再確認した年になりました。

ここ数年はザビートル→チンク→DS3→118d→コンペと来ていて、ザビートルのサイズだと大きすぎて運転が億劫になり、118dのサイズでも一体感が感じづらく、DS3のサイズでやっと許容範囲、チンクとコンペのサイズでしっくり来るということを理解しました。今年は何度か軽自動車に乗る機会もありましたが、あのサイズもいいなと思っています。それほどコンパクトな車が自分にはあっているって事なんでしょうね。

コンパクトカーですら年々大きくなっていく昨今、いつまでチンクが今のサイズでいてくれるのかわかりませんが、近々予定されているというフルモデルチェンジ後のチンクも今のサイズ感から大きく変わらず、コンパクトなままでいてほしいなというのが今の願いです。そして、今のサイズ感のままの新型アバルト595が出てくれることを願っています。

贅沢を言えば、ルノーがトゥインゴで行った様なRR化が行われたら嬉しいなぁ…


昨日は今年一年のお礼をしに、成田山へ行ってきました。

まだ30日ですが、ディスプレーは既に「謹賀新年」でした。例年初詣は成田山ではないのですが、成田山で初詣した気分です。少し得をした感じ!


成田山と言えば、楽しみは鰻です。成田山参道の鰻と言えば駿河屋と川豊が二大巨頭ですが、ウチはいつも駿河屋の方に行きます。

お待ちかねの鰻。

ドーーーーン!

相変わらずの美味。待つ甲斐もあるというものです。

冬の鰻は脂が乗り、身が厚くおいしいです。おいしい鰻で一年が締まりました。


来年もよろしくお願いします。

良いお年を。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

アクセス

宿

レンタカー

ふるさと納税

amazon

Archive

Recommend

Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GB MK9Q2JA アップル アイパッド ミニ MK9Q2JA ゴールド
Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GB MK9Q2JA アップル アイパッド ミニ MK9Q2JA ゴールド (JUGEMレビュー »)

Fiat500とDS3カブリオで、ナビとして使っていました。全く問題なく使えます。というより、据付型よりむしろ便利でした。

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 夏の旅行で感じたこと
    118diesel
  • 夏の旅行で感じたこと
    bbui8h

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM